箏

こんなにも美しい! お箏の音色
~お箏を実際に演奏して、身近に感じよう~

講師からメッセージ

海外演奏も経験
亀川 敏里

皆さんは"箏(こと)"という楽器を知っていますか?

日本を代表する楽器です。なかなか触れることがないこの楽器にチャレンジしてみませんか?

古い・かた苦しいというイメージがあるかもしれませんが、お箏は美しくて、優しくて、そして力強い不思議な力を持った楽器です。

日程

日程パターン

B日程①11:00~12:10

回数内容
15/14お箏って何?歴史と基本となる演奏の仕方をマスターしよう。
 お箏という楽器の歴史や音が出る仕組みなどを学び、実際に演奏をして正しい弾き方を身に付けよう。
25/28「さくらさくら」を演奏しよう
 実際に曲を演奏しましょう。目標は上手に演奏することよりも、いい音で弾くこと!
36/11「さくらさくら」の演奏・さまざまな奏法を学ぼう
 前回に引き続き「さくらさくら」の練習をしながら、様々な演奏方法を覚えましょう。
46/25様々なお箏の名曲を聴いて、曲の世界観を想像しよう・「ビリーブ」を演奏しよう
 前回学んだ様々な演奏方法を踏まえ、色々な曲を聴いてどんなことが表現された曲か一緒に研究しよう。
57/9「ビリーブ」を演奏しよう
 歌うように、基本の正しい演奏の姿勢を忘れずに弾こう。
67/306回目/まとめ「ビリーブ」を演奏しよう
 伴奏と合奏することを目標に、6回のまとめとして良い音で弾こう。

持参品など

  • 持参品:筆記用具・楽譜などの配布物を入れるファイルなど
  • 服装:ジーンズ以外の楽な服装

講師プロフィール

亀川 敏里(真理)(かめがわ としさと(まり))

くらしき作陽大学、同大学院邦楽専修修了。

箏・三絃を4歳より姫井弘子に、大学にて二代米川文子(人間国宝)・二代米川敏子に師事。

2016年、米川敏子の門人となり、雅号「敏里」を授かる。

第46回岡山県新人演奏会出演。モスクワ音楽院創立150周年記念祝賀演奏会出演。利根英法記念邦楽コンクール第5回「箏曲地唄」にて第3位奨励賞を受賞。

師匠である米川敏子が平成30年度文化交流使任命にをされ、カザフスタン・イギリス・ドイツに同行し演奏を行った。
現在、(公社)日本三曲協会会員、研箏会会員。

お申し込みはこちら

おもしろい、たのしいがいっぱい!

学童サマースクールを申込む
学童サマースクールを申込む