パソコン

パソコンでゲームを作る
~プログラミングを通したモノづくり体験~

講師からメッセージ

ICTアドバイザー
戸井 健吾

パソコンを使い、プログラミング言語「Scratch」でできたゲームを「改造」するところから始めます。

その後、オリジナルのゲーム作り、紹介資料作成、発表などを行いながら、理解を深めていきます。

※パソコンをあまり触ったことがない児童は、講師がサポートします。

日程

日程パターン

B日程③15:00~16:10

回数内容
15/14パソコンで自己紹介文を作成してみよう
25/28動かしながらプログラミングを体験しよう
36/11プログラミングでモノ作りをしよう①
46/25プログラミングでモノ作りをしよう②
57/9作品の紹介資料を作ろう
67/30作品を発表してみんなで話そう

持参品など

  • 持参品:基本、学校のパソコンを使用しますが、自分のパソコン、タブレット等お持ちでしたら持参してください。

講師プロフィール

戸井 健吾(とい けんご)

倉敷市出身。金光学園高等学校第50回卒、立命館大学産業社会学部卒業。

卒業後、IT業界に就職し、2度の転職を経て、ピープルソフトウェア株式会社で10年間、富士通・ベネッセ向けのシステム開発に携わる。その傍ら、副業として月間100万回読まれる個人ブログ「アナザーディメンション」を運営。2018年に独立し、子育てメインの生活にシフトする。

現在は、一般社団法人はれとこ代表理事をつとめ、倉敷市社会福祉協議会・大原美術館のICTアドバイザー、地域コミュニティWebメディア「倉敷とことこ」、「備後とことこ」を運営するなど地域に根ざした活動に力を入れている。

お申し込みはこちら

おもしろい、たのしいがいっぱい!

学童サマースクールを申込む
学童サマースクールを申込む